適度な飲酒は肌を可愛らしくやる

毎日飲酒する女性もこの頃は増えて来ました。
血行を促進したり、リラックス効果もありますし、赤ワインはポリフェノールが豊富と言われています。
ですが、お酒は呑み過ぎると老化を促進して仕舞うほど体に悪影響を及ぼします。
一年中の量としてはワインならワイングラスに2杯まで、ビールなら500ミリリットル、日本酒は1合、ウイスキーはダブルで1杯が良いとされています。
かなりお酒好きな方なら、それくらいの量は飲んだ気がしないと思われるかもしれません。
でも、お酒は百薬の長とも言われていますし、お肌にも良いと言われているので、適度な飲酒でお肌を望ましくください。

赤ワイン・・豊富なポリフェノールが入っているため知られています。
ポリフェノールには活性酸素を抑制する力があります。
活性酸素は体の老化を進めてしまいますが、それを抑えてくれるので、肌を老化から守り美しさをキープしてくれるのです。

ビール・・ビールにはフラボノイドという成分が含まれていて、こういう成分にも抗酸化作用があります。
また、ビール酵母にはビタミンB群が豊富に入っていますが、こういうビタミンB群はお肌の激しい味方になっていただける。
肌にハリやツヤを加え、肌の炎症も取り除いていただける。

日本酒・・日本酒入りの化粧水も出されているくらいですから、肌にはやけに良しお酒だ。
それは日本酒にはコウジが豊富に含まれているからです。
コウジ酸はメラニンの生成を抑制する働きがあるので、紫外線による日焼けやシミの予防にもなります。
もう一度フェルラ酸という成分もあるのですが、これにも抗酸化作用がありますから、アンチエイジングに役立ちます。

以上のように様々なお肌へのメリットあるのですから、決して呑みすぎはしないように気を付ける必要があります。
ではどのようにお肌に悪影響を及ぼすのでしょうか。

体内でアルコールを分解する時折、水分とビタミンB群が大量に消費されてしまう。
適度な飲酒ならいいのですが、大量に飲むとお肌の大敵、肌の乾燥が起きてしまいます。
また、アルコールが肝臓で分解される時に、活性酸素が生じます。
そのため肌の酸化が進み、それは肌のたるみに直結します。
老けた印象を与えるほうれい線も深くなってしまう。
再三お酒は呑み過ぎないようにしましょう。参照サイト

適度な飲酒は肌を可愛らしくやる